音楽著作権

倖田來未 pv、音楽が簡単に視聴・試聴できます!


倖田來未 pv 無料 試聴 視聴 TOPへ
音楽著作権

著作権とは、何でしょうか?
財団法人 著作権情報センターホームページを参照し、
音楽に対して適用してみました。

歌謡曲、J-popsなどの音楽は、文化的な創作物です。
この創作物は、著作権法という法律で保護されています。
この文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、
人間の思想、感情を創作的に表現したもののことで、著作物といいます。
またそれを創作した人が著作者です。

音楽は、私的使用のための複製が認められています。
自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができます。
ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、
著作権者に対し補償金の支払いが必要です。
コピープロテクション等技術的保護手段の回避装置などを使って行う複製については、
私的複製でも著作権者の許諾が必要です。

● 著作権には、無効になる期限があります。
  著作者が死亡してから50年後、以降です。



[コラム] 音楽の著作権侵害者との闘い

レコード産業は、レコードを違法に録音して販売する著作権侵害者たちと闘い続けて来ました。
ある会社は「ノッチ」、すなわち除去機構を開発しました。
これは、レコードの狭い周波数帯に信号を録音するものです。
この信号に回路が反応した場合、自動的にテープレコーダーが停止します。
しかし、この過程を試聴した専門家は、ノッチが音楽に並々ならぬ影響を与えると主張しています。
このため、演奏家や技術者、そしてレコードを買い求める人たちは、反発しました。
このノッチのために、長年、臨場感あふれる録音を目指して開発された科学技術が台なしになったからです。
● 最近、アップル社は、iTunes でデジタル著作権管理(DRM)なしの楽曲データを購入できるようにしました。




●ピッタリ合う音楽ソフトが見つかるかも知れません!
倖田來未 pv 無料 試聴 視聴 TOPへ
タグ:音楽 著作権
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。